MENU

テンプスタッフ在籍確認ある?職場確認なしでキャッシングしたいなら当サイトを参考にしてみてください。

 

クレジットカードを持っていて当たり前というご時勢ですので、カードを申し込みする際に勤務先の在籍確認が必要になるケースは多々あります。在籍確認とは申込書に記入されている勤務先に確かにその人が在籍しているかどうかを確かめるために行われます。

 

しかし、知られたくない個人情報があったり雇用される会社に迷惑をかけたくないという理由で周囲の目が気になるという人も多いです。特に雇用形態が正社員ではなく派遣契約である場合はなおのこと気になります。

 

しかし派遣であってもカードを発行する際には、一部の場合は社会保険証や社員証明書などを準備すれば済むこともありますが、勤務先の会社への在籍確認は避けられないケースがほとんどです。

 

そして、持っている価値があるステータスが高いカードほど電話での在籍確認が必須となります。価値が高いカードほど会社の名前を隠すことなく在籍確認の電話をします。

 

個人情報保護法施行以降、最近では逆に個人名の方が怪しいと判断されて答えないという会社も増えています。クレジット会社側も何らかの方法で収入が安定的に確保できているかどうかを確認しないことには融資のリスクが大きいのは当然です。

 

消費者金融でも、大手の会社は必ず在籍確認を行っています。不正や成りすましなどのトラブルを防ぐためにはいたし方のないことです。特に無人契約機での契約の場合はより確実に本人確認をすることで不正対策を行います。

 

前述の派遣スタッフの場合、派遣先に直接在籍しているわけではないので在籍確認においても通常雇用の人と同じというわけにはいきません。通常雇用とは通常雇用と派遣社員との違いは、働いている企業に直接雇用されているかどうかです。

 

正社員の場合は、企業の機密事項を知ることが可能ですが、派遣の場合はいわゆる外部からの助っ人扱いですので社内機密に関することを知る権利はありません。ですので派遣会社がきちんと在籍確認に対応してくれるかどうかが気になるところです。そこで大手派遣会社のテンプスタッフの在籍確認の対応について紹介します。

 

テンプスタッフでは、在籍確認の可能性があることを事前に連絡しておけば対応してくれます。しかしながら事前の依頼は必須となっています。事前連絡がない場合には登録情報は個人情報ですから慎重に扱うので答えかねますという対応になってしまいます。

 

ですので、クレジットカードやカードローンの契約をする際には、必ず事前に担当者に連絡を取ってテンプスタッフ在籍確認の承認を得ておかなければなりません。

 

テンプスタッフに在籍確認のお願いをする際は、必ず電話または口頭で連絡をし在籍確認への回答を希望することを直接伝えることが必要です。対応時間は平日の9時から19時までとなっています。

 

まず、テンプスタッフの担当者の方から名前・スタッフ番号・登録住所・登録電話番号などの本人確認のための質問があります。そして、テンプスタッフ在籍確認が来る企業名を伝えておかなければなりません。

 

しかし、在籍確認の際には、クレジット会社の方が個人名を名乗って電話をかけてくるケースもあります。そのため、どんな名前で連絡が来るかわかりません。このような場合には、問合せ先が不明でもテンプスタッフ在籍確認が可能であることを伝えておけば対処してくれます。

 

このような事前の手続きを行っておけばテンプスタッフに登録されているスタッフであることを伝えてくれますし、就業中かどうかまで答えてもらえます。

 

このことは、テンプスタッフとスタッフとの契約書の「個人情報の取り扱いについて」という条文中の「個人情報の利用目的」に「在籍確認への対応」と明記されています。