MENU

横浜市青葉区でだれでも借りれる金融会社ある?在籍確認ガキになるなら

 

横浜市青葉区で誰でお金借りれる金融業者を探すことが出来ます。

 

基本的に、消費者金融でお金を借りるときにこれといった条件は存在しません。確かに、銀行などの金融機関では条件がかなり厳格に求められるのですが、消費者金融の場合には正社員ではないからといってお金を借りることができなくなることはまずありません。

 

学生専門の消費者金融があるくらいなので、借りたお金を返済することができると判断された時には派遣社員やパート、アルバイトであってもお金を借りることが出来ます。

 

この条件でお金を借りるように考える時には、まず消費者金融がどういった会社であるのかをきちんと認識しておく必要があります。消費者金融は、銀行の傘下に入って経営を行っている会社もありますが基本的には金融機関ではなく貸金業者としてサービスを提供しています。

 

貸金業者というのは、その名前の通りの意味で貸金だけをサービスとして提供している会社のことを意味します。貸金業法という法律によって厳格な法律的な規範が決められており、融資に関連する取り決めは全てこの貸金業法の範囲内で行われることが普通です。

 

貸金業法には、銀行に適用される銀行法とは明確な違いが存在し、この違いが貸金に関連する全てサービスに該当します。それは、融資の安全性が法律によって最初から保証されていることにあります。

 

 

本来、融資の安全性を向上させる働きを持っているのはその融資を提供する会社です。例えば、年収200万円の人に対して50万円のお金を貸すように契約を締結したとします。本来ならば、この50万円の融資という限度額は会社がこの範囲内ならば消費者も容易にお金を返済することができるであろうという推測をもとに計算されています。年収や勤続年数等を考慮に入れて適切な融資の金額を貸すことができるのが金融機関の強みであるため、この範囲内でお金を貸すわけです。

 

 

ところが、貸金業者の場合にはこのような限度額に関連する考え方が存在しません。なぜかというと、融資の限度額を決めるのは会社ではなく法律だからです。この法律的な限度額の上限を決めている規制のことを総量規制といいます。総量規制が適用される融資のサービスでは、絶対に総量規制を超える範囲でお金を貸すことは出来ません。総量規制の限度額は年収の3分の1と決まっているので、この範囲を限定的に捉えて融資をすることしか出来ないわけです。

 

 

こうした融資の限度額に関連する規制があるからこそ、融資を自由に行うことができるというメリットもあります。誰でも借りることができる消費者金融があるのも、法律的な上限が初めからあるのならばその範囲内で融資をする限り安全性が担保できるからに他なりません。

 

年収の3分の1という上限を明確に作っておけば、たとえ年収が100万円程度しか存在しなくてもその範囲内で融資の限度額を機械的に作って融資を行うことが出来ます。その限度額は年収の3分の1という必ず返済することが可能な範囲内でしか行われないので、極めて安全に融資を提供できるわけです。

 

 

日本全国に存在する消費者金融を含めた貸金業者は、この安全性が高い総量規制の適用を受けます。総量規制の適用はクレジットカードのキャッシング枠にも適用されますので、文字通り身近で利用できるカードローンのサービスには消費者の金銭の安全面を考慮した法律が存在すると言っても間違いではありません。

 

特定の地域に住んでいながら遠くの貸金業者を利用できるのも、法律的な安全性が最初から確保されているからに他なりません。事実、消費者金融の審査は契約機とインターネットを使うことで来店不要なので、横浜市青葉区にいても誰でもお金を借りることが出来ます。