楽天銀行カードローン審査基準 会社への在籍確認電話来る?派遣社員のキャッシング お金借りたい

楽天銀行カードローン審査基準 会社への在籍確認電話来る?派遣社員のキャッシング お金借りたい

楽天銀行カードローン審査基準 会社への在籍確認電話来る?派遣社員のキャッシング お金借りたい

 

カードローンの申込に関して言えば、審査に通るのかどうかというのが気になるところではないでしょうか。

 

楽天銀行カードローンにおいては審査に通りやすいのかどうかについて詳しく解説いたします。

 

申込の方法としてはインターネットしかないと言ってもいいです。インターネットの回線があればパソコンやスマホ、ガラケーでの申し込みが可能です。

 

ただし、銀行の営業店舗がありませんので、対面で申し込むということはできません。

 

申込条件として満年齢20歳以上62歳以下という年齢制限がありますので、それに合致しなければいけないです。

 

ただし、パートやアルバイトの方は60歳以下となりますのでご注意ください。

 

必要な項目を入力した後は銀行による審査が行われます。現在何らかの形で勤めていて毎月安定した定期収入があるということが審査の大きなポイントです。

 

仕事に就いて1年以上の実績があるならば、毎月安定した収入が得られるでしょうから審査をパスすることが可能です。

 

これは正社員や公務員のような正規雇用だけでなく、契約社員や派遣社員、アルバイトなどのような非正規雇用の人でも安定した収入があるならば可能性はあります。

 

審査には安定した定期収入があるということに加えて、金融事故を起こしていないかとか借金がどのくらいあるのかなどもチェックします。

 

こういう情報というのは申し込む自社の情報だけでは意味がありませんので、他社の状況も含めてチェックを行うわけです。

 

各金融機関には個人の信用情報が入っているデータベースである個人情報信用機関にアクセスすることができますので、他社で自己破産をしたなどの金融事故を起こしているのならば一発でわかります。

 

個人情報信用機関にアクセスして信用情報が登録されていないならば、そこでの瑕疵はないということですので、審査においてマイナスになることは無いです。

 

別の言い方をすれば、金融事故を起こしているならば、いくら大きな収入があって安定していたとしても、審査に落ちる可能性は高いです。

 

派遣社員の場合でもきちんと働いているということが証明できて、信用情報にマイナスなところがないならば、キャッシング審査をパスすることは可能です。

 

派遣社員だからという理由で審査に応じてくれないということは無いです。

 

しかし、派遣社員とは言ってもいろいろな人がおり、まだ登録しているだけで働いていないという状況であればそれは厳しいと言わざるを得ません。

 

なぜなら、安定した収入という審査の大きなポイントをクリアしていないからです。

 

派遣社員の場合は申込の段階で今派遣先企業との契約期間というのがネックになったりします。

 

契約期間が満了する間際に申し込むとなると、この先どうなるのかということを懸念する動きがあります。

 

次の派遣先が決まっているならばいいですが、一時ブランクが空くともなると、申込時期を考えた方がいいでしょう。

 

できるならば、契約期間が1年以上残っているという段階で申し込んだほうが可能性は広がります。

 

派遣社員の場合通常は派遣会社で働いているわけではなく、派遣先企業で働いているわけです。

 

その時に派遣会社のほうできちんと在籍確認が取れるというのであれば、派遣会社のほうを記載すればいいです。

 

ただ、派遣会社には登録スタッフが大量にいますから、わざわざ在籍確認のために個人情報を教えるのかどうかは分からないところがあります。

 

派遣会社のほうで在籍確認をするのが難しいのであれば、派遣先企業の連絡先を伝えるのがいいでしょう。

 

銀行としては派遣会社でも派遣先企業でも在籍確認さえ取れれば何ら問題がありません。

 

在籍確認というのは申込者がちゃんとその会社に勤めているのかどうかを確認するために行います。

 

このことによって、審査のポイントにある安定した収入が得られるんだなという確認にもなります。

 

在籍確認が取れないと審査に落ちますので、そこのところは十分に気を付けてください。

 

場合によっては審査に落ちるということもあるかもしれません。

 

その場合に原因を教えてくれるということはありませんので、自分でこうではないのかということを追求する必要があります。

 

派遣会社だからという理由だけで落ちるということはありません。

 

収入に比べて申込金額が高すぎたのか、ローンをいくつも抱えていたのかなど考えられることを是正しないと、次申し込む時にまた審査に落ちるという結果になります。

 

次同じキャッシングに申し込むという場合は、審査に落ちたということが個人信用情報機関に残っています。

 

少なくとも再申し込みはそれが消えるであろう半年後から1年後ぐらいにする必要があります。

 

以上見てきたように、派遣会社であっても安定した収入が得られて、個人情報信用機関にマイナスな情報が登録されていないならば、十分に審査をパスすることが可能です。

 

審査の際には安定した収入であることを証明するために在籍確認が必要になりますので、派遣会社にするか派遣先企業にするか判断してください。

トップへ戻る