横浜銀行カードローンは会社に電話連絡なしでお金借りれる?在籍確認ある?

横浜銀行カードローンは会社に電話連絡なしでお金借りれる?在籍確認ある?

横浜銀行カードローンは会社に電話連絡なしでお金借りれる?在籍確認ある?

 

横浜銀行は、神奈川県横浜市を中心に活動している地方銀行です。日本全国に拠点があるメガバンクに比べて規模は小さいものの、地方銀行の中では最大です。

 

神奈川県は関東でも勢いがある地域で、その主要都市において多くの利用者を抱えていることから地域密着型のメリットを活かして独自の立場を築いています。

 

地方銀行らしくローンの種類が豊富で、使用用途が制限されていないフリーのカードローンから目的別のローンまで色々あるのが特徴です。

 

オシャレなホームページで広くサービスの紹介とオンライン手続きを提供している反面、基本的に神奈川県や隣接する東京都などに住んでいる方を対象としているので注意しましょう。

 

地方銀行は周辺に住んでいる地域住民のためにサービスを提供しているので、急いでいる方や遠隔地の方は日本全国で同じサービスがあるメガバンクや消費者金融が向いています。

 

気になる横浜銀行のカードローンは、審査の途中で原則的に会社に電話連絡を行います。

 

キャッシングでは少額の借入で申し込んだ場合に収入証明書や最新の給与明細を提出しないので、本当に申告した会社に勤めているのかをチェックするためです。

 

収入を証明できる書類を提出した場合でも、お金に関することだから念のために横浜銀行のスタッフが書類に記載されている会社に電話をしています。

 

もしも在籍確認を断ったら、キャッシングで借入限度額を与えるのにふさわしくないと判断される可能性が高いです。

 

他の銀行では在籍確認を省略できる事例もありますが、横浜銀行カードローンでは在籍確認を省くという概念はありません。

 

ホームページ上では所定の審査が行われると表現しており、在籍確認を省けるという説明は載っていないのが現状です。

 

実際の在籍確認は、会社に電話をすることで本人の席の有無をチェックします。

 

横浜銀行カードローンの在籍確認は銀行としては珍しく個人名による電話で、所属を告げずに手早く本人までつなげてもらうのが手順です。

 

本人が出た時点で生年月日などの本人確認をすることで完了して、引き続き審査が進みます。

 

在籍の有無を確認できれば良いので、本人が席を外している状態で完了する場合もあります。

 

派遣社員で在籍確認を受けるケースでは所属している派遣会社になるため、事前に銀行から電話がかかってくることを言っておくのも1つの方法です。

 

利用者があまり良い顔をしない在籍確認だけに、横浜銀行は会社へ電話連絡をする際に細心の注意を払っています。

 

職場によっては個人的な用事で電話がかかってくるのを気にするところもあるので、手短に本人確認を済ませるテクニックを持っている銀行です。

 

実際に在籍確認を担当するスタッフは特別な研修を受けており、いかに怪しまれずに本人に取り次いでもらうのかをパターンごとに分析しています。

 

言葉遣いに至るまで注意しているので、自分から話さない限りは周囲に知られる心配は無用です。

 

在籍確認はプロの手際で行われますが、それでも職場の同僚や上司から怪しまれるケースがよく見られます。

 

事前に他人が納得する言い訳を考えておくと、自然な態度で相手の疑問点を解消できるので大きな問題になりません。

 

典型的な言い訳が保険やマンションの営業の電話だったということで、自分から何かを申し込んだわけではないのがポイントです。

 

勝手に電話をかけてきただけなら相手のことを知っているわけがないから、詮索好きな人間も引き下がります。

 

万が一、在籍確認がスムーズに完了しないと審査に影響してしまうので、自分の申告が正しいことを証明するためにもきちんと電話を受けましょう。

 

疑問があったら審査申し込みをする前に横浜銀行のコールセンターに問い合わせをしておくと、安心して在籍確認などの必要な手続きを行えます。

 

基本的に横浜銀行に口座がある方へのサービスですが、口座を持っていない方でもカードローンの審査を申し込めます。

 

口座があると最短で翌営業日に融資を受けられるので、時間がある時に口座開設を済ませておくのが賢明です。

 

カードローンの審査申し込みについては、インターネットなら24時間いつでも行えます。

 

郵送やFAXでも可能ではあるものの、横浜銀行でチェックするのに多少の時間がかかります。

 

専業主婦やフリーターでも申し込めるので、低金利によるカードローンを存分に活用してみましょう。

 

正式な借入限度額は審査結果によって決まるため、自分の属性で通りそうな金額にしておくのが一般的です。

 

正社員に比べて収入が低めの専業主婦やフリーターについては借入限度額が一定までになるパターンもあるので、計画的に利用しましょう。

 

原則的に保証人と担保なしで借りられるので便利ですが、もしも滞納したら保証会社に立て替えてもらう形になるので要注意です。

 

キャッシングは自分の社会的な信用を担保にしていることを忘れずに、必ず期日までに約束した金額を返済しなければいけません。

トップへ戻る